福岡市のまいづる鍼灸整骨院の坐骨神経痛


福岡市で坐骨神経痛でお悩みの方

坐骨神経痛治療

福岡市で坐骨神経痛でお悩みの方、整体のまいづる鍼灸整骨院の坐骨神経痛

坐骨神経痛には様々な原因があり、痛みが出る場所も一か所ではありません。
多いのがお尻のえくぼの部分、太ももの裏や外側のラインです。
足首や足の指に痛みやしびれが出ることもあります。

原因として代表的なのが、
・椎間板ヘルニア
・腰部脊柱管狭窄症
・梨状筋症候群
です。

これは腰から出て、お尻を通って足に分布する坐骨神経をどこで圧迫するかによって分類されます。
ヘルニアと脊柱管狭窄症は腰で、
梨状筋症候群はお尻で坐骨神経を圧迫すると症状が出ます。

坐骨神経痛の症状を診ていると、圧迫だけでなく
神経が引っ張られて症状が出るのが多いように思います。
神経は圧迫されたり、押されたりするだけでなく、
引っ張られても痛みやしびれが出るのです。

引っ張られる原因は全身のバランス悪さです。
つまり体が歪んでいて、歪みがどのように足や坐骨神経に引っ張る力を与えているかが問題です。

どういうふうに力がかかっているかを見極め、歪みを戻していくことで、坐骨神経痛を改善していきます。

神経痛は短期間で良くならないことも多いですが、根気よく治療していきます。

神経痛は冷えて筋肉が硬くなる、体が硬くて筋肉が伸びにくいとひどくなりやすいので、体を温めて、適度なストレッチもするとより効果的です。


骨盤のズレを治すことにより改善できる事が多いです。

坐骨神経痛というとひたすらほぐす、その痛いところに鍼を打つだけという治療をやっている整体院がありますが、当整体院では原因の検査から行いそれに合った治療を致しますので、鍼を打たないことも多いです。坐骨神経痛治療を行なう他院で効果が少なかった方も是非お試しください。

福岡市のまいづる鍼灸整骨院の坐骨神経痛
フレクションベッド
椎間板ヘルニアに対応できる専用ベッドです。

坐骨神経痛の原因
・骨盤や股関節の歪みでお尻の筋肉(梨状筋)の過緊張で坐骨神経が刺激される梨状筋症候群。
・加齢による、骨の変形で背骨の中の管が狭くなって起こる、脊柱管狭窄症。
・腰の骨の間の椎間板が外に飛び出て、坐骨神経を圧迫する椎間板ヘルニア。
などがあります。

もし病院で腫瘍などの病気が見つかれば、整体の範囲外ですが、多くは身体の歪みからきています。

坐骨神経痛が心配だという方にために・・・
<坐骨神経痛の予防法> 坐骨神経痛は生活習慣で発症する方が多いです。座った時間が長い方、立ったままの仕事の方などに多いですね。
体位変換などで圧迫を緩和させてあげるなどの処置が必要になりますが、坐骨神経痛は発症してからは痛くてつらいです。
坐骨神経痛の痛みの緩和の為、治療前に暖めたりマッサージなども効果があります。
坐骨神経痛の主な原因は椎間板ヘルニアか脊柱管狭窄症、お尻の筋肉の緊張などの原因が考えられます。(他にもあります)

太もも・すね・ふくらはぎなどに痛み・しびれがある方は坐骨神経痛の危険性があります。
治るのにも時間がかかりますので、坐骨神経痛治療はお早めに。

福岡市で坐骨神経痛でお悩みの方は、当院にご相談ください。

copyright 福岡市で坐骨神経痛・まいづる鍼灸整骨院