福岡市整体のまいづる鍼灸整骨院の自律神経失調症、頭痛、めまい


自律神経失調症、頭痛、めまい治療

福岡市のまいづる鍼灸整骨院の自律神経失調症、頭痛、めまい

病院で検査しても異常なしと言われ、周りからの目もありストレスを感じているのに、身体は思うように動いてくれない、やる気も起きない。
そんな方は自律神経失調症かもしれません。



自律神経が乱れると、さまざまな症状が現れます。

体の症状としては、慢性的な疲労・めまい・だるさ・偏頭痛・動悸・ほてり・不眠・下痢・ 便秘・微熱・耳鳴り・手足のしびれ・口やのどの不快感(梅核気)・頻尿・残尿感・多汗など。

精神的な症状としては、イライラ・不安感・疎外感・やる気が出ない・落ち込み・ 感情の起伏が激しい・ゆううつになる・焦りを感じるなど。

自律神経は二種類あります。
主に昼間元気に活動するときに働く交感神経と
主に夜間リラックスするときに働く副交神経です。


二つは天秤のような関係で、6:4くらいがちょうど良く、
片方だけが働き過ぎるといろいろな症状が出ると言われています。

交感神経が優位になり過ぎると、緊張して体がガチガチ、
汗が出る、夜目がさえて眠れない、
副交感神経が優位になり過ぎると、元気ややる気が出ないなど
気分が乗らなくなります。

原因は体のバランスの悪さと考えます。
交感神経は背中に分布していて、背中の緊張や歪みで優位になり過ぎ、
副交感神経は後頭部と骨盤(仙骨)に分布し、両者がバランスを崩すと、
優位になり過ぎる傾向にあります。

他に特に首の歪みによる血行や脳脊髄液(脳や脳から出る脊髄という大きな神経は水に浮かんでいます。) の流れの不良でも、自律神経失調症と同じような症状が出ます。

当院では姿勢の矯正、体のバランスを整え、流れを良くして 改善をはかります。

頭蓋骨の調整も有効なので、合わせて行います。

長年原因のわからない症状をお持ちの方、一度当院の 施術をお試しください。


copyright 福岡市整体・まいづる鍼灸整骨院